【Z-KN001】稲村ヶ崎

稲村ヶ崎

いなむらがさき (Inamuragasaki)

【Z-KN001】探訪日:2008/5/1

【Z-KN001】稲村ヶ崎 神奈川県鎌倉市稲村ガ崎

【MAP】

     

 

【Z-KN001】稲村ヶ崎

 1333(元弘3)年5月、上野国新田荘を本拠とする新田義貞が挙兵し、分倍河原の戦いと関戸河原の戦いで北条氏の軍に勝利して鎌倉に迫った。18日、極楽寺口より攻撃を加え、21日には義貞みずから稲村ヶ崎の海岸を渡ろうとしたが、波打ち際は切り立った崖となっており、軍勢は稲村ヶ崎を越えられなかった。そこで、義貞が潮が引くのを念じ剣を投じると、潮が引き干潟となったため、岬の南から鎌倉に攻め入ったという伝説が『太平記』に記されている。(ただし、近年、稲村ヶ崎の潮が引いたのは18日であったことが明らかになり、『太平記』の日付には誤りがあると考えられている。)
  稲村ヶ崎は由比ヶ浜と七里ヶ浜の境界にあたる。

【史跡規模】

【指 定】
【国 宝】
【国重文】

 

【Z-KN001】稲村ヶ崎

関連時代 鎌倉時代
関連年号 1333年
関連人物 系図 関連人物 系図 関連人物 系図
新田義貞 G325

 

【Z-KN001】稲村ヶ崎
  

 

【Z-KN001】稲村ヶ崎

【Z-KN001】稲村ヶ崎 ※本サイトの写真は転用可です(ダウンロードすると、より鮮明に見えます)

 

【Z-KN001】稲村ヶ崎

▲遠景

【Z-KN001】稲村ヶ崎

▲遠景

【Z-KN001】稲村ヶ崎

【Z-KN001】稲村ヶ崎

【Z-KN001】稲村ヶ崎

 

page top

▲TOPへ戻る