その他

北海道・東北

所在地 No. 史跡名 ワンポイント・メモ 指定
Z‐HD001

 

所在地 No. 史跡名 ワンポイント・メモ 指定
Z‐AM001

 

 

所在地 No. 史跡名

ワンポイント・メモ

指定

西磐井郡
平泉町

Z‐IW001 金鶏山 中尊寺と毛越寺の中間に位置する信仰の山。山頂に雄雌一対の金の鶏を埋めたことに因む。 世遺
Z‐IW003 卯の花清水 曽良が詠んだ「卯の花に兼房みゆる白毛かな」の句による。
奥州市 Z‐IW002 七日市場 奥州藤原全盛期に平泉のなかでも最も繁盛した市場。

 

所在地 No. 史跡名 ワンポイント・メモ 指定
Z‐AT001

 

所在地 No. 史跡名 ワンポイント・メモ 指定
Z‐YG001

 

所在地 No. 史跡名 ワンポイント・メモ 指定
Z‐MG001

 

所在地 No. 史跡名 ワンポイント・メモ 指定
Z‐FS001

 

関東

所在地 No. 史跡名 ワンポイント・メモ 指定
Z‐TK001

 

所在地 No. 史跡名

ワンポイント・メモ

指定
鎌倉市 Z‐KN001 稲村ケ崎 由比ヶ浜と七里ヶ浜の境界で鎌倉討幕の際に新田義貞軍が越えたという伝説がある。
Z‐KN002 日蓮袈裟掛けの松 工事中
Z‐KN003 極楽寺坂切通し 工事中
Z‐KN004 亀ヶ谷坂切通し 工事中

 

所在地 No. 史跡名 ワンポイント・メモ 指定
Z‐ST001

 

所在地 No. 史跡名 ワンポイント・メモ 指定
Z‐CB001

 

所在地 No. 史跡名 ワンポイント・メモ 指定
Z‐IR001

 

所在地 No. 史跡名 ワンポイント・メモ 指定
Z‐TG001

 

所在地 No. 史跡名 ワンポイント・メモ 指定
Z‐GM001

 

甲信越

所在地 No. 史跡名 ワンポイント・メモ 指定
Z‐YN001

 

所在地 No. 史跡名 ワンポイント・メモ 指定
Z‐NN001

 

所在地 No. 史跡名 ワンポイント・メモ 指定
Z‐NG001

 

東海

所在地 No. 史跡名

ワンポイント・メモ

指定
浜松市 Z‐SZ001 井伊共保出生の井戸 往古から井伊氏の始祖である井伊共保公出生の井戸として伝承されている。
Z‐SZ002 御前谷太刀洗の池 家康の正室・築山御前を斬った太刀を洗った池とされる。
Z‐SZ003 徳川秀忠産湯の井戸 1579に二代将軍となる徳川秀忠が生まれたときに使われた産湯の井戸とされる。
Z‐SZ004 賀茂真淵生誕の地 江戸時代の国学者で歌人の賀茂真淵が生まれたところ。
Z‐SZ005 米津台場跡 幕末に外国船の出没に備えて築かれた台場。
Z‐SZ006 天白磐座遺跡 日本屈指の規模をもつ古墳時代に巨石群を神の依代とした古代祭祀遺跡。

 

所在地 No. 史跡名

ワンポイント・メモ

指定
名古屋市 Z‐AC006 七里の渡し〔熱田宿〕 江戸時代の東海道唯一の海上路「七里の渡し」の宮宿側の渡船場跡。
Z‐AC007 豊臣秀吉生誕の地 1537年、木下藤吉郎(後の豊臣秀吉)は尾張国愛智郡中村にて生まれた。生誕地は現在の名古屋市中村区内の何処は特定はできていない。常泉寺のほか、現在の中村公園内,中村中町や下中村町も候補地とされる。
Z‐AC008

加藤清正生誕の地
〔妙行寺〕

1562年、加藤清正は妙行寺の近くで生まれ育ったとされ、1610年の名古屋城築城の際に築城の余材と普請小屋を貰い受け、妙行寺を自分の生誕地に移築,再建した。
Z‐AC009

前田利家生誕の地
〔荒子城跡〕

1539年、前田利家は尾張国海東郡荒子村に生まれた。生誕地については荒子城と前田城の2つの候補地があるが、現在の名古屋市中川区が生誕地ということになる。
Z‐AC011

柴田勝家生誕の地
〔明徳寺内〕

生年は諸説あるが、柴田勝家の生誕地で下社城跡でもある。
Z‐AC020 高射砲砲台跡 工事中
一宮市 Z‐AC019 冨田一里塚 東海道の宮宿(熱田)と中山道の垂井宿を結ぶ美濃路に設置された13ヶ所の一里塚の1つ。道の両側に現存するのは美濃路では当塚だけである。
Z‐AC031 山内一豊生誕の地 法蓮寺の入口に山内一豊公出生之地の石碑がある。しかし、一豊の生誕地には尾張国岩倉説と一宮の黒田城説がある。また、生年も1545年と1546年の2説がある。
あま市 Z‐AC012 お松の方生誕の地 お松の方は1547年7月9日、尾張国海東郡沖島に篠原一計の娘として生まれた。父の死去後は母の妹が嫁いでいる前田利昌に養育され、利昌の子で従兄弟の前田利家に嫁ぐことになる。
小牧市 Z‐AC026 岩崎山 古墳時代からの石材産地であり、小牧長久手の戦いでは秀吉方の砦が置かれた。
豊明市 Z‐AC032 二村山 平安時代の昔から街道一の名勝地として知られ、歌枕ともなり数多くの歌や紀行文の題材にされてきた。切られ地蔵尊,峠地蔵尊など山頂から山麓にかけて歌碑や石碑がいくつか残されている。
Z‐AC033 二村山鎌倉街道 1601年に東海道が制定されるまでの京都と鎌倉を結ぶ主要幹線道路である。熱田,呼続,古鳴海,相原を経て二村山を通り、宿,十三塚,大久伝,西境,駒場を経て八橋に至る。
Z‐AC037 阿野一里塚 東海道交通の要衝であった鳴海,池鯉鮒間の街道両側に位置する日本橋から86番目の一里塚である。幕府指示により永井白元本多光重によって築かれた。
東海市 Z‐AC005 細井平洲生誕の地 1728年、細井平洲はここ尾張国知多郡平島村の農家に生まれた。幼くして学問に励み、1763年には上杉治憲(後の鷹山)の師となる。吉田松蔭や西郷隆盛にも影響を与えた。
碧南市 Z‐AC038 永井直勝生誕の地 1563年、永井直勝は長田重元の次男として三河国碧海郡大浜郷の重元の屋敷に生まれる。小牧長久手の戦いでは、敵将・池田恒興を討ち取る大功を挙げた。

知多郡
美浜町

Z‐AC035 長田父子磔の松 1159年、平治の乱に敗れた源義朝一行を騙し討ちした長田忠致,景致父子は、後に源頼朝に仕えるが、平家追討後に頼朝の命によって処刑されたという言い伝えに基づく場所である。忠致が約束された恩賞の「美濃尾張」は、「身の終わり」であった。

知多郡
南知多町

Z‐AC017 唐人お吉生誕の地

初代アメリカ総領事ハリスの世話をし数奇な運命をたどった唐人お吉の生誕地。

知立市

Z‐AC036 来迎寺一里塚 来迎寺集落を通る旧東海道の左右に設けられた一里塚である。右塚(北塚)は西側がやや崩れているものの一里塚の原形をよく保っている。塚には黒松が植えられている。左塚(南塚)は塚の半分ほどが崩され原形を失っている。
安城市 Z‐AC029 高木氏発祥地 室町時代のはじめに高木宣光が三河国碧海郡牧内に移り住んだ。その子・高木清秀は水野信元に従って活躍し、1563年の三河一向一揆では、松平元康を救援するために一揆勢を相手に奮戦し、元康から高木氏の故地である高木の地を与えられた。
Z‐AC030 桜井戸跡 古井,藤井,浅黄井とともに三河四名井と称される。一説に、厩戸皇子が桜の木の下を杖で掘られたところ清水が湧き出たとされ、「桜井戸」と呼ぶようになった。さらに、空海が詠んだ歌が地名「桜井」の起源になったとされる。
岡崎市 Z‐AC002 大久保氏一族発祥地 三河譜代の臣として徳川家に仕えた大久保一党の屋敷があったところ。
Z‐AC003 土井氏一族発祥地 戦国期には早乙女利重,土井利昌が三河に移り住み、地名をとって土井姓を名乗る。土井利勝は利昌の養子となり徳川家に仕えた。発祥地には「土井氏一族発蹟地」の碑が立つ。
Z‐AC021 御草紙掛けの松 徳川家康が幼少の頃、手植えし手習いの草紙を掛けたとされる松(4代目)。
Z‐AC022 大平一里塚 東海道の日本橋から80里にあたる。本多成重が築いた。
Z‐AC023 板倉勝重生誕の地 京都町奉行(後の京都所司代)となった板倉勝重が生まれたところ。
Z‐AC024 鳥居氏一族発祥地 松平家家臣に三河武士精神を植え付けた鳥居氏一族の本拠地。
豊橋市 Z‐AC010 山本勘助晴幸生誕の地 武田信玄の名軍師として知られる山本勘助晴幸の生誕の地とされる。ただ、出生地については三河説と駿河説がある。
豊田市 Z‐AC001 行良親王袈裟掛け石 後醍醐天皇の孫とされる行良親王が袈裟をかけた石と伝わる。
Z‐AC004 榊原康政生誕の地 1548年、徳川四天王の一人となる榊原長政が産声を上げた上野上村城跡。
Z‐AC025 杉本の貞観スギ 工事中
西尾市 Z‐AC027 黄金堤 吉良義央が水田地帯の住民を救うために一夜で築堤させたという伝承がある。
Z‐AC028 今川氏発祥地 承久の乱の褒賞として足利義氏に三河国守護職が与えられ、その庶子長氏には吉良荘が与えられた。長氏の次男・国氏が三河国幡豆郡今川荘を領し今川氏を名乗って今川氏の祖となった。
Z‐AC034 松平清康仮葬地跡 1535年、松平清康が守山崩れで惨殺されると、秘密裏に清康の遺骸を運び長縄城の近くに仮埋葬したと伝えられる。1795年に土中から松平清康公と彫られた五輪塔が掘り出され、幕府はここを清康の仮葬地とした。
豊川市 Z‐AC013 御油の松並木 工事中
Z‐AC014 羽衣の松 天皇践祚後の大嘗会に使われる天羽衣の調進役を勤める星野家に絡めた伝説。
Z‐AC015 御関札立掛場跡 工事中
Z‐AC016 長沢の三尊種子板碑 愛知県内最古の中世の卒塔婆で梵字が刻まれている。

 

所在地

No. 史跡名

ワンポイント・メモ

指定
可児市 Z‐GF001 土田御前生誕の地 織田信秀の継室となり信長,於市らの生母となった土田御前の生まれたところ。
Z‐GF002 兼山湊跡 木曽川上流域唯一の商用港で戦国時代には森氏の政治的,軍事的要衝でもあった。
恵那市 Z‐GF003 明智光秀学問所跡 明智光秀が若い頃に京都嵯峨天竜寺の勝恵という学僧を招き、学問に精進したところとされる万ヶ洞天神神社である。

 

所在地 No. 史跡名 ワンポイント・メモ 指定
桑名市 Z‐ME001

七里の渡し
〔桑名宿〕

1616年、東海道における唯一の海上路として熱田宿と桑名宿を結ぶ七里の渡しが始まった。宮宿,桑名宿は渡船場として賑わった。ここにある大鳥居は、「伊勢国一の鳥居」と称されている。
津市 Z‐ME002

平氏発祥伝説地
(忠盛塚)

忠盛塚と呼ばれるこの地は平忠盛が生まれた所といわれ、忠盛の胞衣塚や産湯に使ったという産湯池があり、伊勢平氏発祥伝説地とされている。
Z‐ME003 真盛上人生誕の地 真盛上人は1443年、伊勢国一志郡仰木に小泉藤能の子として生まれた。天台宗真盛派の祖となり、諡号は円戒国師,慈摂大師。伝承によると、真盛上人が逝去した1495年に生誕の館近くに華香寺が建てられ、1872年に廃絶されたのち、1881年に誕生寺として再興されたという。
松阪市 Z‐ME004 天白遺跡 西日本では珍しい縄文時代後期中葉~晩期初頭の大規模配石遺構である。配石遺構30基,埋設土器26基,焼土30基が確認されているが、住居等は現在まで確認されていない。大規模な葬送儀礼や遺物の廃棄儀礼など様々な祭祀行為が行われていたと推定される。

 

北陸

所在地 No. 史跡名 ワンポイント・メモ 指定
坂井市 Z‐FU001 東尋坊 工事中

 

所在地 No. 史跡名 ワンポイント・メモ 指定
小松市 Z‐IK001 安宅関 工事中

 

所在地 No. 史跡名 ワンポイント・メモ 指定
Z‐TY001

 

近畿

所在地 No. 史跡名 ワンポイント・メモ 指定
大津市 Z-SG006 志賀の大仏 京都と大津を結ぶ志賀の山越の途中にある往来人の安全を祈願した阿弥陀如来坐像。
高島市 Z-SG001 信長の隠れ岩 織田信長が浅井長政の裏切りで京都へ引き返す「朽木越え」で一時身を潜めた岩。
長浜市 Z-SG002 浅井長政自刃の地 工事中
Z-SG003 石田三成産湯の井戸 1560年、石田三成が生まれたときに産湯の水を汲んだ井戸とされる。
Z-SG004 城下町大谷市場跡 工事中
Z-SG005 和田宇仲池跡 工事中

 

所在地 No. 史跡名 ワンポイント・メモ 指定
京都市 Z-KT001 船岡山 工事中
Z-KT002 猿が辻 工事中
Z-KT003 耳塚(鼻塚) 豊臣秀吉が朝鮮出兵の際、戦功の証の朝鮮,明国兵の耳や鼻を葬った塚。
Z-KT004

一乗寺下り松
(宮本・吉岡決闘の地)

工事中

 

所在地 No. 史跡名 ワンポイント・メモ 指定
奈良市 Z-NR001 一刀石 花崗岩の中央に亀裂があり、柳生宗厳が天狗と戦った跡という伝説がある。
Z-NR009 十兵衛杉 工事中
Z-NR010

正長元年柳生徳政碑
(疱瘡地蔵)

工事中
Z-NR002 鬼の俎・鬼の雪隠 薄葬令にあわせて造られた横口式石槨の部品。霧に迷った通行人を鬼が俎で料理しては雪隠で用を足したという伝説がある。
Z-NR015 ハジカミ池 工事中
桜井市 Z-NR013 土舞台 工事中

高市郡
明日香村

Z-NR003 亀石 築造年代,用途も不明。境界を示す標石や亀の供養という伝説がある。
Z-NR004 金屋の石仏 釈迦如来と弥勒菩薩が高さ2.2mの粘板岩に刻まれている。
Z-NR005 海石榴市 工事中
Z-NR006 弥勒石 村民が仏様のような石を飛鳥川から引き上げお祀りした。下半身の病気が治ると伝わる。
Z-NR007 水落遺跡 中大兄皇子が造ったわが国初の水時計の跡とされる。
Z-NR008 石神遺跡 7世紀代に造営が繰り返され、須弥山石と石人像が出土した遺跡。
Z-NR011 マラ石 宮域を示す標石,橋脚として利用されたなどの説があるが用途は不明。
Z-NR012 酒船石 工事中
Z-NR014 中臣鎌足生誕地 工事中
Z-NR016 難波池 物部尾輿らが蘇我稲目のもつ仏像を投げ込んだ堀江とされる。

 

所在地 No. 史跡名 ワンポイント・メモ 指定
Z‐WK001

 

所在地 No. 史跡名 ワンポイント・メモ 指定
大阪市 Z‐OS001 島津忠久生誕伝承地 工事中

南河内郡
千早赤阪村

Z‐OS002 楠木正成生誕の地 1294年頃、楠木正成が生まれたところ。
Z‐OS003 楠木正成産湯の井戸 楠木正成誕生の際にこの井戸から湧き出る水を沸かし産湯としたとされる。

 

所在地 No. 史跡名 ワンポイント・メモ 指定
Z‐HG001

 

中国

所在地 No. 史跡名 ワンポイント・メモ 指定
Z‐OY001

 

所在地 No. 史跡名 ワンポイント・メモ 指定
Z‐HS001

 

所在地 No. 史跡名 ワンポイント・メモ 指定
Z‐TT001

 

所在地 No. 史跡名 ワンポイント・メモ 指定
Z‐SN001

 

所在地 No. 史跡名 ワンポイント・メモ 指定
Z‐YC001

 

四国

所在地 No. 史跡名 ワンポイント・メモ 指定
Z‐TS001

 


所在地 No. 史跡名

ワンポイント・メモ

指定
東かがわ市 Z‐KG001 蕪越狼煙場跡 江戸時代末期に異国船の渡来を告げるために高松藩が築いた狼煙場の一つ。蕪越狼煙場は蕪越山に築かれており燃やし穴跡が現存している。
Z‐KG002 蕪越遠見番所跡 江戸時代末期に異国船の渡来を告げるために高松藩が築いた海防施設のひとつ。蕪越狼煙場の北側に位置する。

 

所在地 No. 史跡名 ワンポイント・メモ 指定
Z‐EH001

 


所在地 No. 史跡名

ワンポイント・メモ

指定
高知市 Z‐KC001 坂本龍馬生誕地 1835年11月15日、坂本龍馬が生まれた坂本家があったところ。
Z‐KC002 後藤象二郎生誕地 工事中
Z‐KC003 山内容堂生誕地 工事中
Z‐KC004 板垣退助生誕地 工事中
Z‐KC005 武市瑞山殉節地 工事中

 

九州・沖縄

所在地 No. 史跡名 ワンポイント・メモ 指定
Z‐FK001

 

所在地 No. 史跡名 ワンポイント・メモ 指定
Z‐SA001

 

所在地 No. 史跡名 ワンポイント・メモ 指定
Z‐NS001

 

所在地 No. 史跡名 ワンポイント・メモ 指定
中津市 Z‐OT001 青の洞門 工事中

 

所在地 No. 史跡名 ワンポイント・メモ 指定
Z‐KM001

 

所在地 No. 史跡名 ワンポイント・メモ 指定
Z‐MZ001

 

所在地 No. 史跡名 ワンポイント・メモ 指定
Z‐KS001

 

所在地 No. 史跡名 ワンポイント・メモ 指定
Z‐OK001

 

page top

▲TOPへ戻る