神社

北海道・東北

所在地 No. 史跡名 ワンポイント・メモ 指定
S‐HD001

 

所在地 No. 史跡名 ワンポイント・メモ 指定
S‐AM001

 

 

所在地 No. 史跡名

ワンポイント・メモ

指定
S‐IW001

 

所在地 No. 史跡名 ワンポイント・メモ 指定
S‐AT001

 

所在地 No. 史跡名 ワンポイント・メモ 指定
S‐YG001

 

所在地 No. 史跡名 ワンポイント・メモ 指定
塩竈市 S‐MG001 塩竈神社 工事中
S‐MG002 志波彦神社 工事中
仙台市 S‐MG003 大崎八幡宮 工事中

 

所在地 No. 史跡名 ワンポイント・メモ 指定
S‐FS001

 

関東

所在地 No. 史跡名 ワンポイント・メモ 指定
S‐TK001

 

所在地 No. 史跡名

ワンポイント・メモ

指定
鎌倉市 S‐KN001 鶴岡八幡宮 1063年、源頼義が前九年の役での戦勝を祈願した石清水八幡宮護国寺(あるいは壺井八幡宮)を鶴岡若宮として勧請したのが始まりである。1180年、源頼朝は現在の地である小林郷北山に遷した。

 

所在地 No. 史跡名 ワンポイント・メモ 指定
S‐ST001

 

所在地 No. 史跡名 ワンポイント・メモ 指定
S‐CB001

 

所在地 No. 史跡名 ワンポイント・メモ 指定
S‐IR001

 

所在地 No. 史跡名 ワンポイント・メモ 指定
S‐TG001

 

所在地 No. 史跡名 ワンポイント・メモ 指定
S‐GM001

 

甲信越

所在地 No. 史跡名 ワンポイント・メモ 指定
S‐YN001

 

所在地 No. 史跡名 ワンポイント・メモ 指定

木曽郡
木曽町

S‐NN001 手習天神 工事中
S‐NN002 南宮神社 工事中
S‐NN003

旗挙八幡宮
〔木曽義仲屋敷跡〕

工事中

下伊那郡
松川町

S‐NN004 御射山神社 工事中

 

所在地 No. 史跡名 ワンポイント・メモ 指定
S‐YN001

 

東海

所在地 No. 史跡名 ワンポイント・メモ 指定
静岡市 S‐SZ001 久能山東照宮 1616年に徳川家康が死去すると、遺命によって久能山に埋葬された。東照社は徳川秀忠によって1617年12月に創建された。1645年には朝廷から東照社に宮号「東照宮」が宣下され、「久能山東照宮」の通称が成立する。
浜松市 S‐SZ002 橘逸勢神社 平安時代初期の三筆と称される橘逸勢を祀る神社。承和の変で無実の罪で伊豆へ護送中にこの地で病没。後を追っていた娘がに父を埋葬し、尼となり墓の近くに草庵を営み菩提を弔い続けた。 
S‐SZ003 井伊谷宮 工事中
S‐SZ005 縣居神社 1839年に浜松藩主水野忠邦らによって縣居翁霊社として賀茂真淵を祀った。学問の守護神,学徳成就の守り神として崇敬されている。
S‐SZ006 蜂前神社 応神天皇の時代に八田毛止恵が遠江国へ下向し樋速日命を勧請したのが創祀とされる。戦国時代になると今川家,井伊家の崇敬があり社領も寄せられた。
S‐SZ007 渭伊神社 「蟾渭神」が渭伊神社の古名と考えられ、井戸や井水を祭祀対象とした神社であったと思われる。もとは井伊氏の菩提寺である龍潭寺の境内にあったが、江戸時代初期に現在地に遷座したという。
S‐SZ008 大窪神社 1951年に古くから大久保の地にあった日吉神社,神明宮,進雄神社,稲荷神社を合祀して大窪神社となった。この境内は江戸時代には大久保陣屋であった。

周智郡
森町

S‐SZ004 山名神社 706年の創建と伝えられ、牛頭天王(素戔嗚尊)を主祭神とする。現在の本殿は、棟札から1732(享保17)年に建立されたことが知られている。例祭「天王祭舞楽」は国の重要無形文化財に指定されている。

 

所在地 No. 史跡名 ワンポイント・メモ 指定
名古屋市 S‐AC001 熱田神宮 工事中
S‐AC011 植田八幡宮 創建年代は定かではないが、1471年に横地秀綱が植田城を築いたときにはすでに存在していた。5世紀頃の前方後円墳の上に応神天皇を祭神とする八幡社が建てられていた。1580年には室賀久太夫が八幡社の修理造営を行っている。
S‐AC013 豊国神社 1883年、県令・国貞廉平をはじめ地元崇敬者の人々による秀吉の生誕地で豊臣秀吉を祀る神社を作ろうという運動が盛んとなり、1885年に創建された。神社は中村公園内にあるが、独立した境内を持つ。参道入口に「中村の大鳥居」が建つ。
S‐AC014 尾陽神社 明治時代に旧尾張藩士の請願によって徳川義直徳川慶勝を祀る神社として創建された。
S‐AC015 星宮社 637年に七星が天から降り神託があり、当地に社を建てたという伝説がある。この地域一帯には古来から星や隕石についての記録や伝承が残っている。
S‐AC024 富部神社 1603年、清洲藩主の松平忠吉の病気平癒祈願で創建され、回復の報恩のしるしとして1606年に本殿,祭文殿,回廊,拝殿を建てられた。一間社流造の本殿は国の重要文化財に指定されている。
S‐AC031 氷上姉子神社 社伝では、日本武尊の草薙剣を守り続けた宮簀媛の神霊を祀ったのを創祀とし、690年に東方の現社地に遷座したとする。社殿造営に関して、古くは1461年の造営のことが見える。末社には、元宮,神明社,玉根社,朝苧社がある。
S‐AC037 島田神社 創建年代は定かではないが、室町時代に島田城を築いた斯波高経が熊野権現を祀ったのが始まりと考えられる。平安時代前期の嶋田忠臣は菅原道真の師匠となり娘・宣来子も道真に嫁いでいる。島田神社では道真を祀る天神社がある。
S‐AC042 高針高牟神社 創建年代および歴史については定かではない。高針村の氏神で長く八幡社と称していたが、1951年に高牟神社と改称した。『延喜式』神名帳の愛智郡高牟神社ではないと考えられる。
春日井市 S‐AC027 味美白山神社 創建年代は不明。社殿は味美白山神社古墳の墳丘上に位置しており、残存する周濠の一部は池として利用されている。
長久手市 S‐AC025 景行天皇社 景行天皇が日本武尊の東征の戦跡を巡り当地を行幸の折、当地豪族の石作大連が斎殿を造営して天皇を歓迎したという。837年、斎藤氏がその斎殿跡である根ノ神の地に天皇の御名を冠した社殿が建立された。1604年にこの地に遷座したと伝わる。
S‐AC026 石作神社 83年、岩作早稲田の巨岩自然石に建真理根命が降臨鎮座したことから石作連が氏の祖神を祀るために建真理根命を祭神として建立したとされる。1872年には郷社に列せられて今日に至る。
日進市 S‐AC036 白山宮 鎮座時期は定かではないが、境内やその周辺に古墳が確認されていることから、創始時期は古墳時代やそれ以前まで遡るのではないかとされている。本殿の西隣に足王社がある。
豊明市 S‐AC032 一之御前社 1651年に上高根鎮座の住吉社より神功皇后一座の御分霊をうけ、下高根の氏神としたという。境内入口には近藤伊景の娘が後奈良天皇の子を身ごもって郷里・明知へ帰る途次、湧水で喉をいやして安産できたという「安産水」が湧く。
大府市 S‐AC033 長草天神社 1494年、長草城跡に地頭の邸内に祀られていた菅原道真を産土神として創建された。例祭として、どぶろく祭りが有名である。境内の酒造所で醸造される。
半田市 S‐AC039 神前神社 社伝によれば、神武天皇が東征の途中に伊勢国から船でこの地に上陸したという。上陸地点は天神洲と名付けられ、小祠を建てて産土神として崇敬されたのが創始とされる。1612年、風波の被害を受けにくい現在地に遷宮された。亀崎潮干祭が有名である。

知多郡

東浦町

S‐AC030 村木神社 古くから津島社があり、1491年に社殿を再建した記録が残っている。1913年に八劔神社他を合祀し村木神社と改名した。1554年の村木砦の戦いでは、織田信長がこの辺りに本陣を置いた。また、おまんと祭りでも有名である。

知多郡

武豊町

S‐AC019

武雄神社
〔岩田氏屋敷跡〕

奈良時代もしくはそれ以前の創建と考えられる。社叢は「月詠みの森」と呼ばれる風雅な森であった。鎌倉時代には岩田朝弘が館を構え、武士と神官を兼ねた。

知多郡

南知多町

S‐AC038 羽豆神社 社名には諸説あるが、日本武尊の東征の際に「幡頭」を努めた建稲種命を祭神として羽豆としたという説がある。飛鳥時代に創建されたとされる。元亨年間には藤原親昌が羽豆岬に羽豆崎城を築き、以降、造営,修復が繰り返されてきた。
刈谷市 S‐AC034 野田八幡宮 676年に創建された。1300年に社殿を大改修している。江戸時代から当地の藩主の信仰の対象であり、刈谷藩時代には刈谷藩領内三社と位置づけられ、福島藩の時代には三河国福島藩領の総氏神として敬われた。「野田雨乞笠踊り」が有名。
S‐AC040 本刈谷神社 1913年、元刈谷村にあった八幡社,八雲社,北野社の3社が合併され、八雲社の場所に本刈谷神社が奉遷された。八幡社は大宝年間(701~704年)の創建と伝えられる。境内には本刈谷貝塚が分布する。
S‐AC041 小垣江神明神社 社伝によれば、588年の創祀とされ、伊勢神宮の内宮,外宮から御分霊を勧請したという。刈谷市最古の神社である。日本武尊ゆかりの神社でもある。柘植能成の子孫が代々この社に奉仕されている。
安城市 S‐AC028 桜井神社 718年に紀伊国の野田熊勝という行者が創建した碧海大明神と称したのが始まりとされる。1563年からの三河一向一揆の際には、徳川家康が戦勝を祈願して叶ったことから徳川家から篤い崇敬を受けた。1875年に桜井神社に改称した。
岡崎市 S‐AC002

若宮八幡宮
〔松平信康首塚〕

1580年に石川数正松平信康を若宮八幡宮、母の築山御前を神明宮として祀ったという。社殿横に信康の首塚がある。
S‐AC006 伊賀八幡宮 1470年に松平氏4代松平親忠が松平氏の氏神として創建した。慶長年間に徳川家康により社殿が改築され、家光が家康(東照大権現)を祭神に加えている。
S‐AC007 滝山東照宮 徳川家光は徳川家康が生まれた岡崎城近くにも東照宮を観請したいと考え、家康がよく訪れていた滝山寺に観請し、1646年に創建された。日光,久能山と並ぶ日本三大東照宮の一つとされることがある。
S‐AC010 岩津天満宮 1759年、信光明寺の一誉上人が鎌倉荏柄山天満宮の分霊を勧請し境内観音堂に祀るも、霊夢により東山の現在地に祠を建立し社殿を造営した。1879年には社殿が焼失したが、服部長七により1911年に本殿が再興された。
S‐AC018 六所神社 奥州塩竃六所大明神を勧請され創立されたと伝えられている。その後、坂上田村麻呂が東夷征伐のため下向する折に祈願した。徳川家康の産土神として江戸幕府の厚い保護を受けた。
S‐AC021 大平八幡宮 創建年代は定かではなく応神天皇を祭神とする。1909年には白山社,御鍬社,日枝社を合祀している。戦国時代には八幡宮の西側に大平西城が構えられていた。
S‐AC022 上地八幡宮 1184年、源範頼が平家討伐に向かう途中にこの地の小祠に祀られた八幡神に戦勝祈願し、勝利を収めたのちの1190年に社殿を造営したという。本殿一棟は室町時代建造で重要文化財に指定されている
S‐AC023 土呂八幡宮 奈良時代末期に京都から下ってきた神官によって創建されたという。応仁年間には蓮如上人が神宮寺の側に本宗寺を建て三河一向宗の拠点となった。
S‐AC029 鏡山神社 御祭神は鏡山弁財天,事代主之大神,大澄姫之大神,瑞之御魂之大神。初代宮司の蜂須賀弘澄により開山され、第65代宮司の柿坂神酒之祐氏により奈良の天河大辨財天社から御分霊された。
豊田市 S‐AC003a 六所神社上宮 流造銅板葺の本殿と旧篭屋を転用した覆殿から成り、六所山山頂にほど近い山麓に鎮座する。
S‐AC003b 六所神社下宮 木造銅板葺の覆殿,拝殿,神楽殿,舞台がある。伝承では、松平長親が六所山南麓から現在地に移し、長きにわたり徳川家,松平家一門により厚遇された。
S‐AC003c 六所神社農村舞台 1872年に六所神社下宮の境内に建てられた木造平屋茅葺の舞台。
S‐AC004 松平東照宮 松平氏は代々屋敷内に氏神として八幡宮を祀っていたが、1619年、徳川家康の御分霊を久能山東照宮より勧請して松平東照宮とし、さらに1965年に松平親氏を合祀した。
S‐AC005 山中八幡宮 当地の山中光重が宇佐八幡大神の夢のお告げで社を建てたのが始まりとされる。松平広忠が再興し、家康初陣の際に必勝祈願した神社でもある。三河一向一揆の際に家康が逃げ隠れた「鳩ヶ窟」がある。
S‐AC012 足助八幡宮 伝承によれば、673年年の天武天皇の御代に創建された。1466年には檜皮葺で三間社流造の本殿が建立された。扁額「鉄砲的打図板額」は県指定文化財である。また、明治の神仏分離までは境内に神宮寺があり鐘楼だけが残されている。
S‐AC035 足助神社 1902年、東加茂郡の郡社として創建された。祭神は足助重範である。重範は元弘の変で笠置山籠城軍の総大将を務めたため、永らく賊軍の将として語るのをはばかられてきたが、1891年に明治天皇から名誉回復をはかられたことで建立に至った。
S‐AC043 射穂神社 社伝によれば、672年9月の創建とされる。永正年間(1504~20年)前半に戦火によって焼失したが、1510年に松平定勝によって再建された。祭神は中央に安閑天皇,左右に春日山田皇女と神前皇女を祀る。
蒲郡市 S‐AC008 赤日子神社 創祀年代は定かではないが、7世紀以前の創建とされ社である。彦火火出見命,豊玉比古命,豊玉比売命を祭神とし、養蚕の守護神として崇敬され拝殿の左側に三河養蚕祖神を祀った塚がある。
西尾市 S-AC009 饗庭神社 1339年に足利尊氏が荒川に在城の際、饗庭御厨新田を造営し鎮守の神として一の宮,二の宮,三の宮の三社を祀ったのが始まりとされる。この地は二の宮として、尾張甚三郎が山城国祇園八坂神社の分霊を請け祀った。
豊川市 S‐AC016 佐脇神社 平安時代末頃に熊野本宮の伊弉册尊,速玉男命,事解男命の祭神3柱を奉じて移住した熊野の生田,榎本,宇井,鈴木氏によって熊野権現社が創建されたのが始まりとされる。1677年には摂社五社宮本殿)が造営された。
S‐AC017 砥鹿神社 大宝年間に文武天皇の病を鎮めるための勅使として草鹿砥公宣が派遣され、本茂山(本宮山)の神を迎えて里宮が創建されたという。中世以降は三河国一宮として尊崇された。永禄年間には徳川家康が宿陣したとも伝わる。
S‐AC020 八幡宮 飛鳥時代に宇佐八幡宮の祭神を勧請し創建された。奈良時代に三河国分寺が造立されると、その鎮守社として信仰の対象となり、特に長く当地を支配した今川家から篤く庇護された。

 

所在地 No. 史跡名

ワンポイント・メモ

指定

高山市 S‐GF001 桜山八幡宮 工事中
岐阜市 S‐GF002 岐阜護国神社 工事中

 

所在地 No. 史跡名

ワンポイント・メモ

指定
伊勢市 S‐ME001a

伊勢神宮
(皇大神宮:内宮)

工事中
S‐ME001b

伊勢神宮
(豊受大神宮:外宮)

工事中
鈴鹿市 S‐ME002 椿大神社 工事中
津市 S‐ME003 北畠神社 初代伊勢国司の北畠顕能を主祭神とする。当初は小祠を設け北畠八幡宮と称していたが、やがて北畠親房,顕家を合祀した。1881年に村社北畠神社に改称。

 

北陸


所在地 No. 史跡名

ワンポイント・メモ

指定

丹生郡
越前町

S‐FU001 織田剱神社 工事中

 

所在地 No. 史跡名 ワンポイント・メモ 指定
S‐IK001

 

所在地 No. 史跡名 ワンポイント・メモ 指定
S‐TY001

 

近畿

所在地 No. 史跡名

ワンポイント・メモ

指定
近江八幡市 S‐SG001 沙沙貴神社 古代に沙沙貴山君が大彦命を祀り、後に宇多源氏によって宇多天皇と宇多源氏の祖である敦実親王が祀られて以降、佐々木源氏の氏神とされて篤く崇敬されてきた。
S‐SG004 日牟禮八幡宮 工事中

犬上郡
多賀町

S‐SG002 多賀大社 工事中
大津市 S‐SG003 新羅善神堂 工事中
S‐SG005 日吉大社 工事中
S‐SG006 宇佐八幡宮 工事中
高島市 S‐SG007 白髭神社 工事中

 

 

所在地 No. 史跡名 ワンポイント・メモ

指定

京都市 S‐KT001 六孫王神社 工事中
S‐KT002 若一神社 工事中
S‐KT003

八坂神社
(祇園社)

工事中
S‐KT005 下鴨神社 工事中
S‐KT006 上賀茂神社 工事中
S‐KT007 乃木神社 工事中
S‐KT008 御香宮神社 工事中
S‐KT009 豊国神社 木食応其によって豊臣秀吉廟所が建立されたのに始まる。徳川時代は修理を禁止され、明治天皇によって再興を布告する沙汰書が下された。
S‐KT010 大豊神社 工事中
S‐KT011 熊野若王子神社 工事中
S‐KT012 平安神宮 1895年、平安遷都1100年を記念して平安京遷都当時の大内裏の一部が復元された。平安遷都を行った桓武天皇と平安京最後の天皇である孝明天皇が祭神とされる。1976年1月に火災に遭ったが1979年4月に再建された。大極殿など6棟が国の重要文化財。
S‐KT013 八大神社 工事中
長岡京市 S‐KT004 長岡天満宮 工事中

 

所在地 No. 史跡名

ワンポイント・メモ

指定
桜井市 S‐NR001

大神神社
(三輪明神)

工事中
S‐NR004 大直祢子神社 工事中
S‐NR005

穴師坐兵主神社

(大兵主神社)

穴師坐兵主神社,巻向坐若御魂神社,穴師大兵主神社の3社で室町時代に合祀された。摂社として野見宿禰を祀る相撲神社がある。
S‐NR010 久延彦神社 知恵の神として信仰される久延毘古命を祀る神社で大神神社の末社。
S‐NR011 狭井神社 大神神社の摂社で創祀は垂仁天皇の時代とされる。大神荒魂神を主神として祀り、拝殿の左後ろには「薬水」が湧き出る狭井がある。
S‐NR012 相撲神社 垂仁天皇の時代に野見宿彌当麻蹴速が日本最初の勅命天覧相撲を行った場所といわれ、相撲発祥の地とされる。
S‐NR013 談山神社 藤原鎌足を祀る。木造十三重塔としては世界唯一のもの。本殿裏山は“談所が森”と呼ばれ、鎌足と中大兄皇子との大化の改新密議の場と伝えられている。
S‐NR016

若宮神社
(大御輪寺)

工事中
S‐NR020 檜原神社 工事中
橿原市 S‐NR002 橿原神宮 工事中
天理市 S‐NR003 石上神宮 工事中
S‐NR007 大和神社 工事中
S‐NR018 夜都伎神社 春日大社以降の創建都みられ、江戸時代末期まで「蓮の御供」という神饌を献上するなど春日大社との関係が深い。拝殿は萱葺でこの地方では珍しい神社建築である。
S‐NR019 伊射奈岐神社 大和天神山古墳に鎮座し伊邪那岐神,菅原道真を御祭神とする。詳しい創建年代は定かではないが、崇神天皇の御代に崇祭されたと伝わる。
奈良市 S‐NR006 天乃石立神社 柳生の戸岩山山中に本殿を持たず巨岩そのものを神体として崇める太古からの祭祀の形態を遺す古社である。
S‐NR008 春日大社 工事中
S‐NR014 柳生八坂神社 工事中

吉野郡
吉野町

S‐NR009 金峯神社 工事中
S‐NR015 吉水神社 工事中
S‐NR022 吉野水分神社 工事中
S‐NR023 勝手神社 工事中

高市郡
明日香村

S‐NR017 飛鳥坐神社 祭神は出雲の事代主命,大物主命など4柱で、飛鳥の守護神として古くから信仰されてきた。
S‐NR021 甘樫坐神社 武内宿禰による創建と伝えられ、古代に盟神探湯が行われたという地である。

 

所在地 No. 史跡名 ワンポイント・メモ 指定
S‐WK01

 

所在地 No. 史跡名 ワンポイント・メモ 指定
大阪市 S‐OS003 住吉大社 工事中
S‐OS005 豊国神社 工事中
四条畷市 S‐OS002 四条畷神社 工事中
枚方市 S‐OS001 交野天神社 工事中
堺市 S‐OS004 百舌鳥八幡宮 工事中
羽曳野市 S‐OS006 壺井八幡宮 河内源氏の氏神である。1064年、前九年の役に戦勝して凱旋した源頼義が河内国香呂峰の私邸の東側に社殿を造営し石清水八幡宮を勧請したのが始まりである。
S‐OS008 誉田八幡宮 工事中

南河内郡
千早赤阪村

S‐OS007 千早神社 1332年に千早城が築城された際に城の鎮守として八幡大菩薩を祀って創建されたとされるが、後には楠木正成,楠木正行,正成御夫人の久子刀自を合祀し楠社と称した。

 

 

所在地 No. 史跡名

ワンポイント・メモ

指定
川西市 S‐HG001 多田神社 工事中

 

中国

所在地 No. 史跡名 ワンポイント・メモ 指定
S‐OY001

 

所在地 No. 史跡名 ワンポイント・メモ 指定
S‐HS001

 

所在地 No. 史跡名 ワンポイント・メモ 指定
S‐TT001

 

所在地 No. 史跡名 ワンポイント・メモ 指定
S‐SN001

 

所在地 No. 史跡名 ワンポイント・メモ 指定
S‐YC001

 

四国

所在地 No. 史跡名 ワンポイント・メモ 指定
S‐TS001

 

所在地 No. 史跡名 ワンポイント・メモ 指定
S‐KG001

 

所在地 No. 史跡名 ワンポイント・メモ 指定
S‐EH001

 

所在地 No. 史跡名 ワンポイント・メモ 指定
S‐KC001

 

九州・沖縄

所在地 No. 史跡名 ワンポイント・メモ 指定
太宰府市 S‐FK001 大宰府天満宮 工事中
福岡市 S‐FK002 筥崎八幡宮 工事中

 

所在地 No. 史跡名 ワンポイント・メモ 指定
S‐SA001

 

所在地 No. 史跡名 ワンポイント・メモ 指定
S‐NS001

 

所在地 No. 史跡名 ワンポイント・メモ 指定
宇佐市 S‐OT001 宇佐神宮 工事中

 

所在地 No. 史跡名 ワンポイント・メモ 指定
S‐KM001

 

所在地 No. 史跡名 ワンポイント・メモ 指定
S‐MZ001

 

所在地 No. 史跡名 ワンポイント・メモ 指定
S‐KS001

 

所在地 No. 史跡名 ワンポイント・メモ 指定
S‐OK001

 

page top

▲TOPへ戻る