古戦場

北海道・東北

所在地 No. 史跡名 ワンポイント・メモ 指定
B‐HD001

 

所在地 No. 史跡名 ワンポイント・メモ 指定
B‐AM001

 


所在地 No. 史跡名

ワンポイント・メモ

指定

西磐井郡
平泉町

B‐IW001 衣川古戦場(前九年後三年役) 工事中
B‐IW002 衣川古戦場(源義経討伐) 1189年、衣川館で藤原泰衡源義経主従を襲撃し自害させた。

 

所在地 No. 史跡名 ワンポイント・メモ 指定
B‐AT001

 

所在地 No. 史跡名 ワンポイント・メモ 指定
B‐YG001

 

所在地 No. 史跡名 ワンポイント・メモ 指定
B‐MG001

 

所在地 No. 史跡名 ワンポイント・メモ 指定
B‐FS001

 

関東

所在地 No. 史跡名 ワンポイント・メモ 指定
B‐TK001

 

所在地 No. 史跡名 ワンポイント・メモ 指定
B‐KN001

 

所在地 No. 史跡名 ワンポイント・メモ 指定
B‐ST001

 

所在地 No. 史跡名 ワンポイント・メモ 指定
B‐CB001

 

所在地 No. 史跡名 ワンポイント・メモ 指定
B‐IR001

 

所在地 No. 史跡名 ワンポイント・メモ 指定
B‐TG001

 

所在地 No. 史跡名 ワンポイント・メモ 指定
B‐GM001

 

甲信越

所在地 No. 史跡名 ワンポイント・メモ 指定
B‐YN001

 

所在地 No. 史跡名 ワンポイント・メモ 指定
B‐NN001

 

所在地 No. 史跡名 ワンポイント・メモ 指定
B‐NG001

 

東海

所在地 No. 史跡名 ワンポイント・メモ 指定
浜松市 B‐SZ001a 三方ヶ原古戦場:主戦場 工事中
B‐SZ001b 三方ヶ原古戦場:犀ヶ崖 工事中
B‐SZ001c 三方ヶ原古戦場:本多忠真碑 徳川家康の退却の際に自ら殿を買って出て追走する武田軍に斬り込み討死した本多忠真の碑。
B‐SZ001d 三方ヶ原古戦場:夏目吉信碑 夏目吉信は敗走中の徳川家康の身代わりとして討死した。三河一向一揆のときの家康の寛大な処置に対する恩を返した。
磐田市 B‐SZ002a 一言坂古戦場 三方ヶ原の戦いの前哨戦の地。家康の撤退に際し本多忠勝大久保忠佐が殿を務めた。
B‐SZ002c 大日堂古戦場 本多忠勝が武田軍の動静を監視していた所。大日堂は大日如来を祀る寺社で高台にある。
袋井市 B‐SZ002b 木原畷古戦場 1572年、武田軍は木原付近に布陣したが、徳川方の偵察隊を察知し猛攻をかける。偵察隊はひたすら退却した。

 

所在地 No. 史跡名 ワンポイント・メモ 指定
名古屋市 B‐AC001a01 桶狭間古戦場:鷲津砦跡 【C-AC028】鷲津砦跡参照
B‐AC001a02 桶狭間古戦場:丸根砦跡 【C-AC029】丸根砦跡参照
B‐AC001a03 桶狭間古戦場:善照寺砦跡 【C-AC032】善照寺砦跡参照
B‐AC001a04 桶狭間古戦場:丹下砦跡 【C-AC083】丹下砦跡参照
B‐AC001a05 桶狭間古戦場:中島砦跡 【C-AC084】中島砦跡参照
B‐AC001a06 桶狭間古戦場:釜ヶ谷 1560年5月19日、織田信長軍2,000が突撃の機を窺って身を潜めたところ。大雷雨が止んだ頃に一気に今川本陣の右翼に攻め込んだ。現在の大学駐車場が釜ヶ谷で、信長軍が駆け上った坂は「信長坂」と名づけられている。
B‐AC001a21 桶狭間古戦場:おけはざま山今川本陣 1560年5月19日、沓掛城を出立した今川義元本隊4,000のうち約1,500人がおけはざま山の中腹に本陣を置いた。本陣跡は石碑がある坂の上方とされるが、位置は確定できているわけではない。
B‐AC001a22 桶狭間古戦場:瀬名氏俊陣地跡 1560年5月17日、今川義元の本陣設営のために瀬名氏俊の先発隊約200が着陣した所。陣所はこれより奥の東西約15m,南北約38mの高所にあったとされる。現在、遺構は残されていない。
B‐AC001a23 桶狭間古戦場:井伊直盛陣地跡 1560年5月19日、桶狭間に着いた今川軍のうち井伊直盛隊1,000余名が陣を張った丘陵である。織田軍に取り巻かれたことから「巻山」と名付けられた。井伊直盛はこの戦いで戦死した。
B‐AC001a24 桶狭間古戦場:高根山 1560年5月19日、今川軍のうち松井宗信隊約1,500は前衛として高根山から幕山にかけて陣を張った。また、中島砦から陽動作戦で出てきた佐々政次,千秋季忠ら300の兵と激戦の末、両将の首をあげている。高根山には有松神社は建つ。
B‐AC001b01 桶狭間古戦場:田楽坪(義元戦死地) 1560年5月19日、今川義元が討たれたところとされる。服部小平太が一番槍をつけたが、義元に膝を斬られた。そこへ助太刀に入った毛利新介が義元を組み伏せ首級を挙げた。義元の戦死により織田軍の勝利に終わった。
B‐AC001c01 桶狭間古戦場:戦評の松 1560年5月19日、桶狭間の戦いで今川方の瀬名氏俊が部将を松の根元に集めて戦いの評議を行った所とされる。現在の松は植樹された3代目のものである。
B‐AC001c02 桶狭間古戦場:首検証跡〔長福寺〕 1560年5月19日、桶狭間の戦い後、織田軍に捕らえられた今川義元に仕える茶坊主の林阿弥が、今川方武将の首検証を命じられた場所とされる。長福寺の境内にある。
B‐AC001c03 桶狭間古戦場:血刀濯ぎの池〔長福寺〕 1560年5月19日、桶狭間の戦い後、織田軍が血の付いた刀をこの池で濯いだとされる。長福寺の境内にある。
B‐AC001c04 桶狭間古戦場:七ツ塚 1560年5月19日、桶狭間の戦いでの戦死者を埋葬した所。山裾の沿って七つの穴が一列に掘られたため七ツ塚または石塚と呼ばれたという。現在は塚の一つが残る。
B‐AC006 稲生原古戦場 1556年に織田信秀の跡を継いだ信長とそれを不服とする弟の信行,林秀貞,柴田勝家らが戦った所。
豊明市 B‐AC001c05 桶狭間古戦場:戦人塚 1560年の桶狭間の戦いで戦死した2,500余人を埋葬供養した塚とされる。また、織田信長が部下に今川軍の死者を検分され、その遺骸を集めさせた塚ともいわれる。
B‐AC001b02 桶狭間古戦場伝説地 1560年5月19日、桶狭間の戦いで今川義元が戦死した所とされる。史跡として七石表,弔古碑などがある。今川義元の墓碑は、通りかかる旅人が弔古碑を墓と間違えるため、1876年にあらためて建てたものという。
一宮市 B‐AC005 浮野古戦場 1558年に織田信長,織田信清織田信安が戦った所。信長勢の勝利に終わり、信安勢を岩倉城まで追い詰めている。
犬山市 B‐AC002b01 小牧長久手古戦場:八幡林合戦地跡 1584年の小牧長久手の戦いにおける緒戦の地。徳川軍の勝利に終わる。
B‐AC002c01 小牧長久手古戦場:野呂塚 八幡林の戦いで大敗した森長可の退却にあたって奮戦し壮絶な死を遂げた野呂助左衛門宗長と子の助三郎宗政を顕彰する塚。
B‐AC002a01 小牧長久手古戦場:青塚砦跡 大型前方後円墳であるが、羽柴方の森長可が改修し砦として使用した。
尾張旭市 B‐AC002b02 小牧長久手古戦場:白山林合戦地跡 第4陣・羽柴秀次隊が白山林で朝食をとっていたところを追走してきた徳川軍が奇襲し秀次勢は潰滅した。
小牧市 B‐AC002a02 小牧長久手古戦場:二重堀砦跡 秀吉方の日根野備中守弘就,弟の弥次右衛門以下2千の兵が布陣した砦。小牧山城に対する最前線に位置する。
B‐AC002a03 小牧長久手古戦場:田中砦跡 羽柴方の堀長政,蒲生氏郷,加藤光泰らが守備した砦。三ツ山古墳群跡が利用された。
B‐AC002a04 小牧長久手古戦場:小松寺砦跡 羽柴秀次,丹羽長重を守将とする8千の兵が布陣する秀吉軍の主陣地であった。
B‐AC002a05 小牧長久手古戦場:久保山砦跡 秀吉方の丹羽長秀,蜂屋頼隆,金森長近ら3千の兵が布陣した砦。
B‐AC002a06 小牧長久手古戦場:岩崎山砦跡 秀吉方が岩崎山を利用して築いた砦で稲葉一鉄,貞通親子らが4千の兵を率いて布陣した。
B‐AC002a07 小牧長久手古戦場:蟹清水砦跡 徳川家康,織田信雄方が丹羽長秀が建てた屋敷を修復して築いた砦。守備は交番とした。
B‐AC002a08 小牧長久手古戦場:宇田津砦跡 徳川家康,織田信雄方が築いた砦である。松平氏の兵1500が布陣した。現在は住友理工(株)敷地内。
春日井市 B‐AC002a09 小牧長久手古戦場:田楽砦跡 徳川方が築いた東端に位置する砦。池田恒興によって攻め落とされた犬山城からの敗走兵らが守備した。
長久手市 B‐AC002a10 小牧長久手古戦場:色金山 岡崎侵攻する秀吉方を追って進軍してきた家康,信雄本軍が陣を置き、軍議した所。
B‐AC002a11 小牧長久手古戦場:御旗山 徳川家康は戦況を見て御旗山に進軍し頂上に金扇の馬標を立てた。後年、富士浅間神社が祀られている。
B‐AC002a12 小牧長久手古戦場:堀秀政本陣地跡 第3陣だった堀秀政が兵3千を率いて東進中に第4陣の秀次隊の壊滅を知り、引き返して陣を敷いた所。
B‐AC002b03 小牧長久手古戦場:桧ヶ根合戦地跡 秀次勢を撃破し突入してきた徳川軍を堀秀政隊が返り討ちにした。秀吉方が勝利した唯一の合戦地。
B‐AC002b04 小牧長久手古戦場:仏ヶ根決戦地跡 孤立した第1陣・池田恒興隊と第2陣・森長可隊が徳川軍と激戦を繰り広げた決戦の地。秀吉方の主将が討死している。
B‐AC002c02 小牧長久手古戦場:勝入塚 池田恒興は永井直勝の槍を受けてこの地で討死した。
B‐AC002c03 小牧長久手古戦場:庄九郎塚 池田之助は父の恒興の戦死を知り、敵陣へ突入し安藤直次にこの地で討たれた。
B‐AC002c04 小牧長久手古戦場:武蔵塚 森長可は井伊直政隊と激突し鉄砲足軽の狙撃で眉間を撃ち抜かれこの地で即死した。
B‐AC002c05 小牧長久手古戦場:木下勘解由塚 木下勘解由利匡は徒歩で敗走する羽柴秀次に自分の馬をへ与え、自らは追ってきた敵と奮戦し戦死した。
B‐AC002c06 小牧長久手古戦場:伴盛兼墓碑 伴盛兼は徳川方の武将で仏ヶ根の決戦で討死。墓碑は色金山の中腹に領地であった遠州気賀の方を向けて建立されている。
B‐AC002c07 小牧長久手古戦場:首塚 安昌寺の雲山和尚は里人達と共に敵味方の別なく屍を集めて埋葬し塚を築いて供養した。
B‐AC002c08 小牧長久手古戦場:耳塚 勲功の証としてそぎ取られた討死者の耳を埋めて供養した塚とされる。
B‐AC002d01 小牧長久手古戦場:血の池 仏ヶ根の決戦後に渡辺半蔵守綱らが血の付いた刀や槍を洗った池。現在は池はなく公園となっている。
B‐AC002d02 小牧長久手古戦場:鎧掛の松 徳川軍が血の付いた刀や槍を「血の池」で洗うときに鎧(甲冑)を掛けた松とされる(4代目)。
西尾市 B‐AC009 鎧ヶ淵(善明堤)古戦場 1561年に今川氏から独立した松平元康が三河統一過程において吉良義昭と戦った所。吉良の勝利に終わる。
B‐AC010 藤波畷古戦場 1561年、吉良義昭は藤波畷で家老の富永忠元を討取られたことで戦意を失い、松平元康に降伏し東条城を明け渡した。
岡崎市 B‐AC003 小豆坂古戦場 三河側の今川氏,松平氏連合と尾張から侵攻してきた織田氏の間で1542年と1548年の2度にわたって繰り広げられた小豆坂の戦いの所。
B‐AC007 渡古戦場 1547年、三ツ木城主の松平信孝織田信秀の連合軍が岡崎城主の松平広忠軍と渡河原で戦った。
B‐AC008 雨山合戦跡 1556年、雨山領主の阿知定直が今川氏に叛いて織田氏に寝返ったため今川方の本多忠俊らと戦いになった。
B‐AC010a 井田野古戦場 勢力を拡大しつつあった松平親忠の応仁の乱のときから松平元康の桶狭間の戦いに至る約100年間に数回の激しい戦場となったところ。岩津,大樹寺方面,ここ西光寺の辺りの広範囲を指す。
B‐AC010b 井田野古戦場:千人塚 松平親忠が1467年と1493年の井田野の戦いでの戦死者を敵味方区別なく埋葬した塚。低い円墳状の地の墳頂に約2mの石碑と、そのほかに小さな碑や墓が20基ほど建てられている。
新城市 B‐AC004a01

長篠古戦場:武田勝頼本陣跡
       (医王山砦跡)

長篠城攻めの陣城として医王寺の裏山に築いたものとされる。武田勝頼本軍はここに3s千の陣を配置した。
B‐AC004a02 長篠古戦場:大通寺山陣所跡 馬場信房の陣所。同志の内藤昌豊,山県昌景,土屋昌次を同道して決戦での奮闘を誓い今生の別れとして泉の水を酌み交わして出陣した。
B‐AC004a03 長篠古戦場:天神山陣地跡 一条信龍,土屋昌次,真田信綱,昌輝兄弟ら兵2千が陣を構えたところ。医王寺山本陣の南、大通寺山陣地の西に位置する。
B‐AC004a04 長篠古戦場:武田勝頼戦地本陣跡 1575年5月、武田勝頼は多くの忠臣の決戦回避の進言を聞き入れずに寒狭川を渡ってこの清井田へ進撃し、ここを戦地本陣とした。
B‐AC004a05

長篠古戦場:武田勝頼観戦地跡
       (才ノ神本陣跡)

武田勝頼は設楽原決戦の開戦時に連吾川を見下ろすこの才ノ神の赤禿山から観戦した。
B‐AC004a06 長篠古戦場:天王山陣所跡 内藤昌豊が陣を張った所であり、戦中には武田勝頼が自らここへ陣を移して昌豊と共に指揮をとったとされる。
B‐AC004a07 長篠古戦場:鳶ヶ巣山砦跡 【C-AC256】鳶ヶ巣山砦跡参照
B‐AC004a08 長篠古戦場:中山砦跡 【C-AC257】中山砦跡参照
B‐AC004a09 長篠古戦場:久間山砦跡 【C-AC258】久間山砦跡参照
B‐AC004a10 長篠古戦場:姥ヶ懐砦跡 【C-AC259】姥ヶ懐砦跡参照
B‐AC004a11 長篠古戦場:君ヶ臥床砦跡 【C-AC260】君ヶ臥床砦跡参照
B‐AC004a12 長篠古戦場:織田信長本陣極楽寺跡 設楽原に軍を進めた織田信長が最初の本陣を置いたところ。
B‐AC004a13

長篠古戦場:織田信長戦地本陣跡
      (茶臼山)

織田信長は設楽原の戦いに備えて、最初の本陣極楽寺跡で軍議を開いた後、茶臼山に本陣を移した。
B‐AC004a14

長篠古戦場:織田信忠本陣地跡
      (野邊神社)

織田信忠は父信長が戦地本陣を置いた茶臼山の南側の野邊神社に陣所を置いた。
B‐AC004a15 長篠古戦場:羽柴秀吉陣地跡 羽柴秀吉は織田信長戦地本陣の北側、織田徳川連合軍の最左翼に陣を構えた。
B‐AC004a16

長篠古戦場:徳川家康本陣跡
       (八剱神社)

徳川家康は自ら最前線の弾正山(断上山)に本陣を置いた。
B‐AC004a17 長篠古戦場:徳川家康物見塚 設楽原での決戦が始まると、武田軍が一望できる八剣山の物見塚へ移り陣頭指揮指揮をとった。
B‐AC004a18

長篠古戦場:岡崎信康本陣地跡
      (松尾神社)

岡崎(松平)信康は石川数正や平岩親吉と共に松尾神社に布陣した。
B‐AC004a19 長篠古戦場:大久保兄弟布陣跡 大久保忠世,忠佐兄弟は徳川軍の最右翼に布陣した。
B‐AC004a20 長篠古戦場:北畠信雄本陣地跡 北畠(織田)信雄は織田徳川連合軍の最後尾の位置となる高台に本陣を置いた。
B‐AC004a21 長篠古戦場:設楽越中守陣地跡 設楽越中守貞通は鳶ヶ巣山陣地奇襲部隊に加わり、樋田に陣を構えて鳶ヶ巣山陣地から敗走してくる武田の敗残兵を討った。
B‐AC004b01 長篠古戦場:鳥居強右衛門磔死趾 織田徳川連合軍の援軍派遣を知らせに戻った鳥居強右衛門が武田の兵に捕らえられ磔になった場所。
B‐AC004b02 長篠古戦場:松平伊忠戦死の地 松平伊忠は鳶ヶ巣山砦の残敵追撃戦で前線に出過ぎ、武田軍の小山田昌行の兵から猛反撃を受けて戦死した。
B‐AC004b03 長篠古戦場:勝楽寺前激戦地 勝楽寺の南方、設楽原の最南端に位置する田園地帯で決戦の口火が切られた戦場。馬防柵はない。
B‐AC004b04

長篠古戦場:設楽原決戦場
      (馬防柵)

武田の騎馬軍団に対抗するために織田信長が考えたとされる馬防柵がある所。
B‐AC004b05 長篠古戦場:大宮前激戦地 馬場信房,土屋昌次らの武田軍右翼と佐久間信盛,滝川一益らの主に織田軍が激戦を繰り広げた場所。
B‐AC004b06 長篠古戦場:名高田前激戦地 武田軍右翼に陣した馬場信房,土屋昌次らと織田軍最左翼の水野信元,佐久間信盛らの激戦が繰り広げられた場所。
B‐AC004b07 長篠古戦場:柳田前激戦地 徳川軍の馬防柵のほぼ正面にあたり、武田軍の武田信廉,内藤昌豊,甘利信康らが激戦を繰り広げた場所。
B‐AC004b08 長篠古戦場:竹広激戦地 徳川家康と山県昌景の陣地の間に位置する。設楽原の戦いの中でも最も激しい戦いが繰り広げられた。
B‐AC004b09 長篠古戦場:橋詰殿戦場 武田軍が総崩れとなり、武田勝頼を甲州へ帰還させるために馬場信房笠井満秀などが殿となって織田徳川連合軍と最後の戦いを繰り広げた場所。
B‐AC004b10

長篠古戦場:瀧川助義,笠井肥後
      相討の地

笠井満秀は武田勝頼に自分の馬を勧めた後にここを自ら勝頼と名乗り瀧川助義と組討ち刺し違えて戦死した場所。
B‐AC004b11 長篠古戦場:丸山砦攻防戦地 織田軍佐久間信盛6千が守る砦を武田軍右翼の馬場信房が手勢7百で攻撃し攻め取った。
B‐AC004b12 長篠古戦場:土屋昌次戦死の地 土屋昌次は三重に廻らされた柵の第二柵まで突破し、第三柵前で一斉射撃により戦死した。
B‐AC004b13 長篠古戦場:馬場信房戦死の地 殿を努めた馬場信房は勝頼が無事に豊川を越えて落ち延びていくのを見届けた後、敵の河井三十郎に手柄にせよと自ら首を差し出し戦死した。
B‐AC004b14 長篠古戦場:山本信供戦死の地 山本信供は武田軍の総崩れとともに徳川軍の追撃をかわしつつ退いたが渡辺半蔵守綱に討たれた。山本勘助の子。
B‐AC004c01 長篠古戦場:首洗池 長篠の戦いの後、戦死者の首を洗ったという池。
B‐AC004c02 長篠古戦場:信玄塚 長篠設楽原の戦いの戦死者を埋葬した塚とされる。主戦場となった竹広村の住民たちによって葬られた。
B‐AC004c03 長篠古戦場:蟻封塔 戦死者を葬った場所。おびただしい蟻が出て村人を苦しめたため医王寺の住職が供養したと伝えられる。
B‐AC004c04 長篠古戦場:清井田訣盃跡 設楽原の決戦に先立ち、武田軍の馬場信房,内藤昌豊,山県昌景,土屋昌次の四人が訣別の盃を交わした場所。
B‐AC004c05 長篠古戦場:甲田 武田勝頼が捨てたとされる武田家伝来の「諏訪法性の甲」が発見された場所。
B-AC004c06 長篠古戦場:雁峰山 鳥居強右衛門鈴木金七郎重政は雁峰山を登り50Km先の岡崎城にたどり着いた。
B‐AC004c07

長篠古戦場:コロミツ坂
      (信長賞詞の地)

織田信長が長篠城を死守した奥平貞昌を呼び寄せ、その戦功を称え信長の「信」の一字を与えた。

 

所在地 No. 史跡名 ワンポイント・メモ 指定

不破郡
関ケ原町

B‐GF001c03 関ヶ原古戦場:白拍子谷 1600年、関ヶ原の戦いに敗れ退却途中、烏頭坂で深手を負った島津豊久は樫原村に入り匿われたが、傷は深く退却の足手まといになるのを恥じて白拍子谷で自刃したと伝えられる。
恵那市 B‐GF002 大将陣跡 1575年の岩村城攻めで織田信忠が本陣を構えた場所である。逆磔された秋山信友,おつやの方ら計5人の首を葬った大将塚もある。

 

所在地 No. 史跡名 ワンポイント・メモ 指定
B‐ME001

 

北陸

所在地 No. 史跡名 ワンポイント・メモ 指定
B‐FU001

 

所在地 No. 史跡名 ワンポイント・メモ 指定
加賀市 B‐IK001 篠原古戦場 工事中

 

所在地 No. 史跡名 ワンポイント・メモ 指定
小矢部市 B‐TY001 倶梨伽羅峠古戦場 工事中

 

近畿

所在地 No. 史跡名 ワンポイント・メモ 指定
長浜市 B‐SG001a 姉川古戦場:龍ヶ鼻曲輪群跡 姉川の戦い直前に織田信長徳川家康が本陣を置いた曲輪の跡。
B‐SG001b 姉川古戦場:陣杭の柳(織田信長本陣跡) 織田信長の本陣跡。信長は姉川北岸の浅井・朝倉軍の展開を知り、この地に本陣を移した。
B‐SG001c 姉川古戦場:岡山(徳川家康本陣跡) 徳川家康の本陣跡。家康は姉川北岸の浅井・朝倉軍の展開を知り、この地に本陣を移した。
B‐SG001d 姉川古戦場:三田村氏館跡(朝倉景健本陣跡) 越前から援軍として駆けつけた朝倉景建軍の本陣が置かれ、徳川軍と対峙して戦端が開かれたとされている。
B‐SG001e 姉川古戦場:陣田(浅井長政本陣跡) 8千の軍勢を率いる浅井長政本陣があった場所と伝えられている。
B‐SG001f 姉川古戦場:血原(徳川・朝倉軍交戦地) 朝倉景健軍1万と徳川家康軍6千の中間にあたる激戦地。両軍の戦死者の血に染まったことから「血原」と呼ばれるようになった。
B‐SG001g 姉川古戦場:織田・浅井軍交戦地 浅井長政軍8千と織田信長軍2万3千の間で繰り広げられた激戦の地。
B‐SG001h 姉川古戦場:血川 織田軍によって追撃された浅井軍の将兵の血で染まったと伝えられる血川が流れていた。現在は流路はなくなっている。

 

所在地 No. 史跡名 ワンポイント・メモ 指定
京都市 B‐KT001 宇治川古戦場 工事中
B‐KT002 蛤御門の変 工事中

 

所在地 No. 史跡名 ワンポイント・メモ 指定

吉野郡
吉野町

B‐NR001 佐藤忠信花矢倉 工事中

 

所在地 No. 史跡名 ワンポイント・メモ 指定
B‐WK001

 

所在地 No. 史跡名 ワンポイント・メモ 指定
B‐OS001

 

所在地 No. 史跡名 ワンポイント・メモ 指定
B‐HG001

 

中国

所在地 No. 史跡名 ワンポイント・メモ 指定
B‐OY001

 

所在地 No. 史跡名 ワンポイント・メモ 指定
B‐HS001

 

所在地 No. 史跡名 ワンポイント・メモ 指定
B‐TT001

 

所在地 No. 史跡名 ワンポイント・メモ 指定
B‐SN001

 

所在地 No. 史跡名 ワンポイント・メモ 指定
B‐YC001

 

四国

所在地 No. 史跡名 ワンポイント・メモ 指定
B‐TS001

 

所在地 No. 史跡名 ワンポイント・メモ 指定
高松市 B‐KG001a 源平屋島古戦場:全景 工事中
B‐KG001b 平屋島古戦場:段古嶺 工事中
B‐KG001c 源平屋島古戦場:血の池 工事中

 

所在地 No. 史跡名 ワンポイント・メモ 指定
B‐EH001

 

所在地 No. 史跡名 ワンポイント・メモ 指定
B‐KC001

 

九州・沖縄

所在地 No. 史跡名 ワンポイント・メモ 指定
B‐FK001

 

所在地 No. 史跡名 ワンポイント・メモ 指定
B‐SA001

 

所在地 No. 史跡名 ワンポイント・メモ 指定
B‐NS001

 

所在地 No. 史跡名 ワンポイント・メモ 指定
B‐OT001

 

所在地 No. 史跡名 ワンポイント・メモ 指定
B‐KM001

 

所在地 No. 史跡名 ワンポイント・メモ 指定
B‐MZ001

 

所在地 No. 史跡名 ワンポイント・メモ 指定
B‐KS001

 

所在地 No. 史跡名 ワンポイント・メモ 指定
B‐OK001

 

page top

▲TOPへ戻る