【Z-NR001】一刀石

一刀石

いっとうせき (Ittoseki

【Z-NR001】探訪日:1989/12/9・2014/9/8

【Z-NR001】一刀石 奈良県奈良市興ヶ原町

【MAP】

     

 

【Z-NR001】一刀石

 一刀石は、長さ約8m,幅約7m,高さ約2mの饅頭形の花崗岩で、巨石の中央に頂点から地上まで亀裂が入っていて、真二つに割れているという不思議な巨石である。天乃石立神社から少し奥にある。
 言い伝えによると、柳生新陰流開祖の柳生宗厳が、ある夜、修行していると天狗が現れ、この天狗を一刀両断した感触があったので戦いを止めたが、翌日その場に見に行ってみると、そこには真二つに裂けた大岩があるだけだったという。

【史跡規模】

【指 定】
【国 宝】
【国重文】

 

【Z-NR001】一刀石

関連時代 戦国時代
関連年号
関連人物 系図 関連人物 系図 関連人物 系図
柳生宗厳 YG01

 

【Z-NR001】一刀石
  

 

【Z-NR001】一刀石

【Z-NR001】一刀石 ※本サイトの写真は転用可です(ダウンロードすると、より鮮明に見えます)

 

【Z-NR001】一刀石

【Z-NR001】一刀石

【Z-NR001】一刀石

【Z-NR001】一刀石

page top

▲TOPへ戻る