【Z-AC019】冨田一里塚

冨田一里塚

とみた いちりづか (Tomita Milestone)

【Z-AC019】探訪日:2015/9/20

【Z-AC019】冨田一里塚 愛知県一宮市冨田

【MAP】

     

 

【Z-AC019】冨田一里塚

 一里塚は旅人の目印として1604(慶長9)年、徳川家康が秀忠に命じ、金山奉行の大久保長安の指揮の元に大きな街道の側に1里(約3.927㎞)毎に設置された。
 東海道の宮宿(熱田)と中山道の垂井宿を結ぶ美濃路に設置された13ヶ所の一里塚の1つ。道の両側に塚があり、東塚(右塚)は富田字古川、西塚(左塚)は富田字立石にある。現在、道の両側に現存するのは美濃路では当塚だけである。両塚とも高さ1.8m,底部の幅・奥行とも9.2mの方形で、両塚の上には榎が植えられている。一里塚には塚の崩落を防ぐため、根張りがよい榎が植樹されていることが多い。

【史跡規模】

【指 定】国指定史跡(1937年12月21日指定)
【国 宝】
【国重文】

 

【Z-AC019】冨田一里塚

関連時代 江戸時代:前期
関連年号 1604年
関連人物 系図 関連人物 系図 関連人物 系図
徳川家康 TG01 大久保長安 ****

 

【Z-AC019】冨田一里塚

 

 

【Z-AC019】冨田一里塚

【Z-AC019】冨田一里塚 ※本サイトの写真は転用可です(ダウンロードすると、より鮮明に見えます)

 

【Z-AC019】冨田一里塚

【Z-AC019】冨田一里塚

▲西塚

【Z-AC019】冨田一里塚

【Z-AC019】冨田一里塚

【Z-AC019】冨田一里塚

▲東塚

 

 

page top

▲TOPへ戻る