【S-AC003c】六所神社農村舞台

六所神社農村舞台

ろくしょじんじゃ のうそんぶたい(Rokusho Shrine Rural Stage)

【S-AC003c】探訪日:2019/9/3

【S-AC003c】六所神社農村舞台 愛知県豊田市坂上町地蔵堂 

 

【MAP】

     

 

【S-AC003c】六所神社農村舞台

 1872(明治5)年に六所神社下宮の境内に建てられた木造平屋茅葺の舞台で、間口8間(14.5m),奥行き4.7間(8.5m)で、このうち12.6mある舞台間口は一本の太い梁が通しで支えており、屋根は合掌材の中途に梁を渡すことで支持されている。内部では登場者を乗せて上下する「二重仕掛」と呼ばれるからくりがあり、明治時代前期の古式をよく伝えている。
 木材は六所山で伐採されたスギ,ヒノキ,クリ,モミなどで、材料の運搬には近隣の氏子が多数参加し、木材が岩角に突き当たった時には岩角を削って搬出したとされる。六所神社が管理している。

【史跡規模】

【指定】豊田市有形民俗文化財(1973年2月15日)
【国宝】
重文

 

【S-AC003c】六所神社農村舞台

関連時代 明治時代
関連年号 1872年
関連人物 系図 関連人物 系図 関連人物 系図

 

【S-AC003c】六所神社農村舞台
  

 

【S-AC003c】六所神社農村舞台

【S-AC003c】六所神社農村舞台 ※本サイトの写真は転用可です

 

【S-AC003c】六所神社農村舞台

【S-AC003c】六所神社農村舞台

【S-AC003c】六所神社農村舞台

▲説明板

【S-AC003c】六所神社農村舞台

▲裏の外観

【S-AC003c】六所神社農村舞台

【S-AC003c】六所神社農村舞台

【S-AC003c】六所神社農村舞台

 

page top

▲TOPへ戻る