石田三成出生屋敷跡

いしだみつなり しゅっせいやしきあと (Birthplace of Ishida Mitsunari)

【R-SG013】探訪日:2019/9/17

【R-SG013】石田三成出生屋敷跡  滋賀県長浜市石田町576

【MAP】

      

 

【R-SG013】石田三成出生屋敷跡

1560(永禄3)年、石田正継の次男として近江国坂田郡石田村で誕生した。石田村は古くは石田郷といい、石田氏は郷名を苗字とした土豪であったとされている。石田屋敷はこの付近一帯にわたり、北は「石田治部少輔三成屋敷跡」の石碑が建つ辺りから、南端は石田会館の辺りまで広範囲であった。 石田会館のところには石田屋敷の堀の一部遺構と伝えられる堀端池がある。
 また、近くには、石田三成産湯の井戸三成及び家臣の供養塔がある。

【史跡規模】

【指 定】
【国 宝】
【国重文】

関連時代 戦国時代
関連年号 1560年
関連人物 系図 関連人物 系図 関連人物 系図
石田三成 H520 石田正継 H520

 

【R-SG013】石田三成出生屋敷跡  
 243号線の交差点のところに大きく「石田治部少輔三成屋敷跡」の石碑があり、ここだ、と思ったが、よく見るとここは屋敷北端で、すこし南に入った石田会館のところが屋敷の屋敷南端にあたり堀跡遺構などが残る場所があった。かなり大規模な屋敷を持つ豪族であったことが窺われる。 

 

【R-SG013】石田三成出生屋敷跡

【R-SG013】石田三成出生屋敷跡 ※本サイトの写真は転用可です(ダウンロードすると、より鮮明に見えます)

【R-SG013】石田三成出生屋敷跡

▲屋敷の北端にあたる

【R-SG013】石田三成出生屋敷跡

【R-SG013】石田三成出生屋敷跡

▲石田会館の辺りが南端にあたる

【R-SG013】石田三成出生屋敷跡

【R-SG013】石田三成出生屋敷跡

【R-SG013】石田三成出生屋敷跡

【R-SG013】石田三成出生屋敷跡

【R-SG013】石田三成出生屋敷跡

▲堀端:石田屋敷の堀の遺構

【R-SG013】石田三成出生屋敷跡

▲湖北の史跡案内板