【Z-AC006】七里の渡し〔熱田宿〕

七里の渡し〔熱田宿〕

しちりのわたし〔あつたじゅく〕(Sichiri-no-Watasi[Atsuta-juku])

【Z-AC186】探訪日:2017/5/21

【Z-AC006】七里の渡し〔熱田宿〕 愛知県名古屋市熱田区神戸町

【MAP】

     

 

【Z-AC006】七里の渡し〔熱田宿〕

 1616(元和2)年、東海道における唯一の海上路である「七里の渡し」が始まった。七里の渡しは満潮時に陸地沿い航路が約7里(27㎞)、干潮時に沖廻り航路が約10里(39㎞)であった。七里の渡しの名称は、移動距離が7里であったことに由来する。渡し船によって移動し、所要時間は約4時間であった。
 天候の悪化などにより、海難事故がしばしば発生する東海道の難所の一つであった。海上を避ける迂回路としては、脇往還の佐屋街道があった。宮宿、桑名宿は渡船場として賑わい、旅籠屋数でそれぞれ東海道における1位と2位の規模を誇っていた。
 現在は、渡船場跡が宮の渡し公園として整備されている。

【史跡規模】

【指 定】
【国 宝】
【国重文】

 

【Z-AC006】七里の渡し〔熱田宿〕

関連時代 江戸時代(前期)
関連年号 1616年
関連人物 系図 関連人物 系図 関連人物 系図

 

【Z-AC006】七里の渡し〔熱田宿〕
 近くのうなぎ料理専門店の待ち時間に徒歩で訪れた。熱田神宮にほど近く渡し船に乗り降りする人々の賑やかな声が聞こえてきそうな気がした。

 

【Z-AC006】七里の渡し〔熱田宿〕

 

【Z-AC006】七里の渡し〔熱田宿〕

【Z-AC006】七里の渡し〔熱田宿〕 ※本サイトの写真は転用可です(ダウンロードすると、より鮮明に見えます)

 

【Z-AC006】七里の渡し〔熱田宿〕

▲説明板

【Z-AC006】七里の渡し〔熱田宿〕

【Z-AC006】七里の渡し〔熱田宿〕

【Z-AC006】七里の渡し〔熱田宿〕

【Z-AC006】七里の渡し〔熱田宿〕

【Z-AC006】七里の渡し〔熱田宿〕

【Z-AC006】七里の渡し〔熱田宿〕

 

 

page top

▲TOPへ戻る